新たな魅力を知ること

着物を着た男性のイラスト

いつの間にか日本では結婚式といえば、チャペルでウェディングドレスを着て挙げるものというイメージがついてしまっています。もちろん、それは悪くありません。チャペルでウェディングドレスを着たいという若い女性は多くいるはずです。また、チャペルであっても人前式を選択する人も増えています。これは二人の愛を神様ではなく結婚式に参列している友人に誓うというものです。こういった結婚式が今は主流になっているんです。ですが、日本には昔からには行われている結婚式があるんです。それは神前式です。神前式はチャペルではなく神社で行うものです。
日本で昔から行われている神前式ですが、若い世代の方はあまり知識を持っていません。中には間違ったイメージを持っている人もいるんです。その間違ったイメージの中に費用が高いというものがあります。確かに神社で行うものですから、高いというイメージを持つのも当然でしょう。ですが、実際はそうではありません。神前式は非常にリーズナブルなんです。神前式を挙げる神社やプランによっても大きく変わりますが、安い場合であれば5万円で式を挙げることが出来るんです。
また神前式はウェディングドレスではなく和装で行います。若い女性は和装したことがなく、自分には似合わないと考えるかもしれません。ですが、これも思い違いなんです。実は日本人の女性に最も似合うと言われているのが和装なんです。和装こそ日本の女性を最も美しく見せてくれるものなんです。また、最近は和装であってもさまざまなデザインのものがあります。ですから、どれを着るかを選ぶだけでも楽しむことが出来るはずです。
今まで結婚式といえばチャペルで挙げると思い込んでいた方も神前式も候補に入れてみましょう。少し調べるだけでも、さまざまな魅力を感じることが出来るはずです。